うらら歯科ケアクリニック品川|お悩み別歯科治療Web TOP > この口のトラブル歯医者さんで治してくれるの?

この口のトラブル歯医者さんで治してくれるの?_外傷 口内炎 歯ぎしり

外科治療でさまざまなお口のトラブルを解消します

歯科医院は、医師の専門分野に合わせて対応できる診療メニューが異なります。当クリニックでは、一般的な歯科医院では扱っていないお口のトラブルの処置や特殊な治療にも対応しています。

顎の関節が痛い・口が開きにくい・口を開けるとガクっと音がする

顎の関節が痛い・口が開きにくい・口を開けるとガクっと音がする

顎の関節に違和感があり、口を開けた際に痛みを感じたり開けにくかったり、「ガクッ」という音がするようなら、顎関節症(がくかんせつしょう)を起こしている可能性があります。放置すると噛み合わせがズレる原因にもなりますので、早めに治療しましょう。

口内炎ができた・できやすい

「口内炎」とは、口腔内の粘膜に起こる炎症の総称です。症状によっては、食事や会話をしただけでも痛むことがあります。原因は、口の中を噛んでしまったことや体力の低下、栄養不足などさまざまです。当院では、栄養指導も含めて治療を行いますので早く効果的な治療ができます。

親知らずが痛い

親知らずが痛い

「親知らず」とは前歯の中央から8本目にある歯のことで、一般的には成人になってから生えてきます。古代人は普通の歯として使っていましたが、現代人は顎が小さくなったことで生えるスペースが足りず、ナナメに生えるなどして歯並びの乱れを引き起こす原因になることもあります。
ケースによっては抜歯をしなければならないこともあるため、親知らずが痛む場合や気になる場合はご相談ください。生え方などを確認して、適切な処置を行います。

歯ぎしりしていると言われた

歯ぎしりはストレスなどが原因で起こると言われ、そのままにしていると歯や顎に強い負荷がかかります。歯を噛み合わせる力は自分の体重を支えられるほど強いため、場合によっては歯が削れたり欠けたりすることもあります。また、肩こりや頭痛の原因になることもあるのです。当院では、マウスピースなどを使用して治療します。

口腔内にできものができた・はれた

口腔内にできものができた・はれた

口の中のできものには、小さな口内炎から癌のような悪性のものまでさまざまなものがあります。口内炎はほとんどの方が経験しているかと思いますが、違和感がある場合や普段と違うできものができた場合などは、放置せずに早めに受診してください。

スポーツマウスガードで歯を守る

スポーツマウスガードで歯を守る

どんなスポーツでも、身体を動かす爽快感の裏にはケガをする危険が潜んでいます。ちょっとしたケガなら時間が経てば治りますが、「治らないケガ」には特に気をつけなければなりません。

スポーツ中に歯を失ってしまった場合、補綴治療で機能を補うことはできますが、歯を元に戻すことは不可能です。取り返しのつかない事態になる前に、スポーツマウスガードで激しい運動によるダメージから歯を守りましょう。当クリニックでは、皆さまのお口に合わせたスポーツマウスガードの作製も承っています。

当クリニックでは、世界中のアスリートから支持されるブランド「UNDER ARMOUR(アンダーアーマー)」社のマウスピースを取り扱っています。従来のマウスピースは、顎を保護することだけが目的でした。
しかし、この製品は装着することによって顎を衝撃から守りながら噛み合わせを整え、さらに呼吸を楽にする効果を持っています。そのため、集中力の向上も見込めるなど、装着者のパフォーマンスを高めることができるのです。つけ心地も違和感なく自然で、すでにさまざまなプロスポーツ選手がこの製品を使用しています。

こんな方におすすめ